既卒の就活をスムーズに進めるための手順

 既卒の人は、就職から遠のいたという印象を持っているかもしれません。しかし、実際にはそんなことはなく、新卒者とそこまで大きく変わらないくらい、就職の可能性が残されています。ここでもう一度就職活動の流れをおさらいし、自らの武器を磨きながら就職を目指してみましょう。

 

武器を発見し、磨くこと

 

 武器を磨く前に、武器を発見しなければなりません。学生生活は全うしたわけですから、必ずそこにあなたの武器があるはずです。

 

 仕事全体や、目指している職種等に該当する武器を見つけ、それを武器だと胸を張って言えるよう磨けば、就職活動の準備はほぼ完璧です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

既卒の人が求人情報を手に入れる方法

 

 既卒の人が幸運なのは、求人情報を多く手に入れられること。既卒の人に積極的に情報を開示している就職サイト、就職説明会などはたくさん存在し、そうしたものを利用することで、通常の求人サイトでは手に入れられない情報がたくさんゲットできるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

自分の武器を示すのが履歴書です

 

 発見し、磨いておいた武器を応募書類によって相手側に伝えます。自慢話や押し売りのような形にならないように注意しながら、しかし確実に魅力が伝わるような構成を心がけましょう。

 

 また、持っている武器を効率よく伝えられる履歴書のフォーマットを選ぶことも重要です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

面接でのキーポイントは?

 

 卒業してから何をしていたのか、ここについて面接官は知りたいと思っているはず。既卒者としてどのくらいの期間を過ごしてきたのかにもよりますが、この期間や時間を前向きに捉え、マイナス評価にならないような伝え方をしましょう。このあたりの問答が、面接での大きなポイントとなるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

 

最初の入社準備は気持ちの整理

 

 入社準備は、気持ちを入れ替えるところから始まります。気持ちが入れ替えられれば、きっと企業研究や業界予習などにも身が入るでしょう。

 

 会社の人とコミュニケーションを取っておくのも大事な入社準備のひとつ。得られる情報を元に、何をすればいいのかを整理しておいてください。

 

 

【参考記事】