職歴が乏しくても諦めずに活動する

採否を決めるポイントは職歴だけではない

 ニート・フリーターのように、正規雇用での職歴が乏しい場合、就職活動をするに当たって最初から後ろ向き名気持ちになることがあります。しかし、企業が採否を決めるポイントとなるのは、必ずしも職歴ばかりではないことに注意が必要です。職歴は乏しかったとしても、人間性をしっかりとアピールするように心がけていると、採用につながることが多いのです。

 

書類の記入方法に気をつける

 正規雇用の経験が少ない人は、履歴書の職歴欄をどのように記入すればよいか迷うものです。職歴欄には、虚偽の内容を記入することはできませんが、記入の仕方を工夫することで、採用担当者に良い印象を与えることができます。書類の記入方法は、キャリアアドバイザーなどの専門家に相談すると、適切な方法を教えてもらうことができるので、しっかりと相談することが大切です。

 

自分の強みをきちんと理解する

 面接においてアピールすることができる材料は、職歴のことばかりではありません。仕事以外で取り組んできたことも、十分にアピールすることが可能です。自分の強みがどこにあるかを正しく理解しておくことで、面接の場で詳しく説明することができるようになります。