既卒者が就職活動の前に心掛ける身だしなみ

清潔感のある身だしなみを心掛ける

 既卒者が就職活動で見られている要素として、第一印象として好印象を醸しているかどうかです。第一印象の良し悪しは、基本的に外見の状態で決まっていて、自分の身だしなみの徹底した努力で第一印象の度合いが決定します。就職活動において、当然ながら自分のファッションを見せる場ではないので、ファッションの個性にこだわっても、かえって印象が良くない場合があります。従って、ビジネスパーソンとして好印象を与えように身だしなみを徹底する事が大事です。

 

着ていくスーツなどの汚れやしわなどを正す

 採用担当者に清潔な印象を与えるためには、勝負するスーツとして汚れやしわなどを徹底的に確認して、目立たないようにきちんとしわなどを正します。だらしない印象を与えないために、着ていくスーツを満遍なくチェックして、アイロンを掛けたり、クリーニングに出すなどの配慮を行います。就職活動に出かける前に革靴などに汚れがあったら、専用のブラシで綺麗にしておく事も大切です。

 

顔や爪などの部分をきちんと正す

 男性の場合は、就職活動前に寝ぐせを確認したり、派手な髪のカラーリングを出来るだけ控えます。顔に清潔感を与えるために、無精髭を徹底的に無くしたり、体臭を防止するための制汗剤を掛けておきます。女性の場合は、髪のカラーリングや整髪に気を配って、印象の良い化粧の度合いに気をつけたり、派手なマニキュアやネイルなどをしない事に気を配ります。また、爪が伸びていないかどうかも事前に確認しておきます。