入社に備える

入社に備える記事一覧

入社挨拶はどの程度考えておくべきか 挨拶ができなければ、社会人としては失格です。ましてや入社一発目の挨拶、これであなたの社会人としての価値が決まると言っても過言ではないでしょう。とは言え、どの程度までこの入社の挨拶を考えておくべきなのでしょうか。面接での自己紹介のように、ガチガチに考えておくべきなのでしょうか。 そこまでは必要ないでしょう。大まかな、ざっくりとした準備で構わないと思います。難しいこ...

入社の決意は固いものですか? 入社に向けて確認しておきたいチェックポイントで無視できないのは、自分への意志確認なのかもしれません。「入社の決意は絶対に揺るがないものなのか」という問いを自分自身に投げ掛けてみましょう。 これによって、例えば、「本当にこの会社で間違いないのか」、「自分のやりたいことができるのか」、「自分のために良いのか悪いのか」といった細かなチェックポイントも見出すことができ、契約書...

遊びに徹する内定後の過ごし方をすると… 就職活動は、いずれ終わりを迎えます。無事、就職先が見つかった人は入社日までの間、幾らかの時間を与えられることになるでしょう。この内定後の過ごし方次第で、もしかしたら就職後の働き方や、その先のキャリアも変わってくるかもしれません。 学生に多いのですが、しかし既卒も恐らく内定後に遊び呆ける人が出てくるのではないでしょうか。こうした過ごし方をするのも悪くはありませ...

 既卒者が就職活動が実り、内定をもらったら、初出勤日までにしておきたいことがあります。それは、社会人基礎力をアップしておくことです。 同年齢の社員は、新卒採用ですでにキャリアをスタートしていますから、入社が遅れた分を取り戻す必要があります。採用した会社側も、新入社員研修と同じだけの時間とパワーを割けるとは限りませんので、来客や電話の応対、名刺の受け渡しなどの基本的なマナーは、初出勤までに勉強してお...

多くの企業が設けている試用期間 最近では、どの企業も試用期間を設け、新しく入社してきた社員を数ヶ月間この試用期間でチェックし、その後、本採用するという形が主流となってきています。チェックという言葉を使いましたが、仕事などを覚えてもらい、その日々の中で勤務態度や仕事ぶりなどを見て、さらにどのように指導したらいいのか、どのような仕事を任せていけばいいのかを判断している、と言った方がいいでしょう。多くの...

その日の課題を見つけ取り組む 成長する社会人というのは、必ず自分に何か課題を設けています。課題を見つけるのが上手な人ほど成長している、とも言えるでしょう。あなたもそんな社会人を目指してください。 そのためには、毎日何かしらの課題を見つける作業を怠らないこと。長期的な課題でもいいのですが、入社したての頃は毎日その日にクリアできそうな課題を見つけ、それを続けることを習慣とした方がいいでしょう。 その日...