こんな逆質問はいかがでしょう

自分の価値観を盛り込んだ逆質問を

 

 逆質問は、面接の最後を飾るもの。ここだけで採用を勝ち取ることは難しいでしょうが、十分、判断基準になる要素となります。また、内容は同じでも、聞き方や伝え方を変えることで印象を変えることができるのも、この逆質問の面白いところ。

 

 ただ質問を投げ掛けるのではなく、自分の価値観なども盛り込んでみるといいでしょう。「私はこう思うのですが…」や、「私はこのような経験をしたのですが…」などと、自分のことも伝えた上で回答を求めると、しっかりと自分を持ち、本当に知りたいことについて尋ねているのだという印象が伝わります。

 

 質問の内容によって使えないこともあるでしょうが、こうしたテクニックが応用できる逆質問を考えておくといいのかもしれません。

 

面接担当者の質問を拝借してみる

 

 逆質問をする瞬間が訪れる前に、面接担当者から幾つもの質問を受けてくるはずです。その面接担当者があなたに聞いてきた質問、これを拝借してみるのも、逆質問のひとつの手法です。

 

 例えば、面接では志望動機について聞かれることになると思いますが、逆質問をすることになった時に、「あなた(面接担当者)は、どのような志望動機を抱き、御社への入社を希望したのですか」と聞いてみるのです。

 

 その後に、「実際に入ってみて、その志望動機は間違っていなかったと思えましたか」という逆質問を重ねるなど工夫をすると、他の人と差別化でき、且つ質の良い逆質問となるはずです。

 

 

【関連記事】